【会長就任のご挨拶】

全国浄化槽推進市町村協議会
会長 鴻巣市長 原 口 和 久

会長就任のご挨拶


 この度、理事及び会員皆様のご推挙を賜り、会長という大任をお引き受けすることとなりました埼玉県鴻巣市長の原口和久でございます。
 当協議会の前会長である内田岡崎市長におかれましては、永年にわたり協議会の活動をリードしていただき、現在の基盤を構築されたことに厚くお礼を申し上げますとともに、今後とも協議会の運営にご尽力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 当協議会は、浄化槽の普及促進と生活環境の保全並びに公衆衛生の向上に寄与することを目的に、平成2年11月に設立され、四半世紀余りを経て本年10月現在で全国1,718市町村の約8割にあたる1,356市町村が加入しております。また、平成22年度からは20都府県が特別会員として入会していただくなど、その果たすべき役割はますます重要となっております。
 平成30年は、6月に「大阪府北部地震」、7月に「平成30年7月豪雨」、9月に「北海道胆振東部地震」が発生するなど、各地で甚大な被害が発生いたしました。心よりお見舞い申し上げます。

 こうした災害においても、地震に強く、被災しても速やかに復旧できるという浄化槽の特長があらためて認識されました。防災対策にも有効な浄化槽整備のさらなる普及促進に今後も取り組んでまいります。

 ここに、新役員一同、身を引き締めて一層の努力を重ねて参りますので、会員皆様方の倍旧のご指導とご協力をお願い申し上げます。
Copyright (C) 2006-2009 Zenjokyo. All Rights Reserved.